見込み客開拓!FAXDM業者徹底比較

HOME > faxdm業者情報 > 読まれるFAXDMを作成するには

読まれるFAXDMを作成するには

物を販売することにおいて重要になるのは宣伝です。新聞に同梱されている折り込みチラシにスーパーの特売の情報が載せておくと大勢がそのスーポーめがけて押しかけてくることも多々あります。
このように情報を発信すること、自分の商売に何かしらの得があることを周りに知らせることはとても重要になります。そんな宣伝方法の一つがFAXDMです。「この人なら買ってくれそうだ」と顧客になる可能性が見込める人に向けてFAXでダイレクトメールを発信します。
しかし、原稿を用意することに手間がかかることやインターネットやメールが普及したこともあり、FAXDMはあまり重要視されなくなってしまいました。「FAXDMは時代遅れの方法」と言う人もちらほらと出始めています。

時代遅れで今の時代には効果が薄いと言われる理由の一つが反応率の低さです。せっかくFAXが手元に届いても、内容が目を引くものでなかったりすると、あっけなく流されてしまいます。
しかし、コツを押さえることができれば読まれるFAXDMを作成することは可能です。まずはDMを送るターゲットから考えてみましょう。誰に向けてどんな情報を発信するのか、これを考えることはとても重要です。
例えば子供用の商品を売る場合は子供がいる人に向けての宣伝文を書き、魅力訴求をしなければなりません。子供がいない人に向けて送ってもまったくの無意味です。宣伝したい商品はどんなものか、そしてそれを買おうとしている人はどんな情報を欲しがっているのか、この二つが明確になって初めてFAXDMの効果は表れます。

読まれるFAXDMを作成するためにはDM自体のレイアウトにも気を配らなければなりません。DMが見られた時、最初に目に映るのがキャッチコピーです。そのキャッチコピーを見て必要な情報かどうかを判別します。
必要ないと思われて読まれずに捨てられるということは避けなければならないため、キャッチコピーには目を引くような工夫をしましょう。目を引く工夫にはいろいろとあります。
値段の安さを売りにしているなら「格安」などの言葉を大きく載せておけば注目は高まるでしょう。送るタイミングも重要になります。平日のあわただしく動き回っている時間帯に送っても見てはもらえません。
それどころか時間を考えろと不興を買う原因になります。肝心なことはDMを送った人にしっかりと目を通してもらうことです。宣伝も大事ですが相手に配慮すいることも同じくらい大事です。

次の記事へ

カテゴリ